今さら聞けないハイレゾ音源の良さと聴く方法

綺麗な音楽を聴きたい人向け

>

容量が大きいという問題点

メリットばかりではない

ハイレゾ音源はメリットが多いですが、デメリットがないわけではありません。
容量が大きい部分が、デメリットになると言われています。
普段はパソコンやスマホに音源を保存するでしょう。
しかし空き容量が少ないと、保存できないので注意してください。
自分のパソコンやスマホに、どのくらいの空き容量があるのか事前に確認してください。

容量がいっぱいになると、パソコンやスマホの起動が遅くなるので使いにくいです。
常に容量を開けておくよう意識しましょう。
ハイレゾ音源を保存して、パソコンの動きが悪くなったら容量が少なくなってきているサインです。
見逃がさないで、何らかの対処をしましょう。
すると快適にパソコンやスマホを利用できます。

いらないファイルを消そう

一時的に保存していても、やっぱりいらないと感じるファイルやデータがあると思います。
それは、パソコンやスマホから消去してください。
すると容量が空くので、たくさんハイレゾ音源を保存できます。
しばらく使っていないファイルやデータは、もう2度と使わないでしょうから消しても問題ありません。

しかし、家族でパソコンを共有している人は注意しなければいけません。
他の人のファイルやデータを勝手に消すことは、絶対にしてはいけません。
自分はいらないと思っても、他の人にとって大事なファイルである可能性があります。
消して良いのか、本人に確認を取りましょう。
良いと言っていたら、削除してください。
毎月1回ぐらいは、ファイルの整理をすると良いですね。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる