今さら聞けないハイレゾ音源の良さと聴く方法

綺麗な音楽を聴きたい人向け

>

ハイレゾ音源について学ぶ

ビットレートを増やそう

音質が良いか悪いかは、ビットレートによって異なります。
ビットレートは、1秒間に伝わる音の情報量を指します。
情報量が多い方が綺麗な音質になるので、綺麗な音楽を聴きたいならビットレートを増やしてください。
ハイレゾ音源にすると、CDで聴いている時の5倍は綺麗に聴こえると言われています。

あまり良くない音源を聴いていても、ストレスになることがあります。
ハイレゾ音源にすると、ストレスフリーに音楽鑑賞ができるでしょう。
様々なジャンルの音楽がハイレゾ音源になるので、これまで聴かなかったジャンルの音楽に挑戦しても良いでしょう。
すると、お気に入りのアーティストが見つかるかもしれません。
もっと音楽鑑賞が楽しくなります。

聴く時の環境を良くしよう

ハイレゾ音源にしても、環境が悪いと綺麗に聴こえないので注意してください。
プレイヤーで聞くと周囲の迷惑になるので、イヤホンやヘッドホンを使う人がいると思います。
品質の良いものを使うよう心がけましょう。
安いものが一概に悪いとは言えませんが、音質が悪くなってしまうことがあります。

きちんと綺麗な音楽を聴きたいなら、10000円前後のイヤホンやヘッドホンが良いでしょう。
その価格帯の道具なら、きちんとハイレゾ音源の良い部分を活かせます。
特にマンションやアパートでは、周囲に音が漏れやすいので気を付けてください。
音楽鑑賞をする際は、イヤホンなど道具を使いましょう。
ハイレゾ音源にするタイミングで、購入しても良いですね。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる